がん保険は本当に必要なのか

公園で遊ぶ家族

がん保険は数多ある保険商品の中でも、最近特に注目されるようになってきた存在です。
テレビコマーシャルなどでもがん保険の重要性は常に説かれており、各保険会社は目玉商品としてこのがん保険を拡充させています。
しかし消費者からするとそうしたコマーシャルだけで物事を判断することはできないのも当然で、その必要性については疑問を感じることが少なくありません。
ではがん保険という保険は本当に必要なのでしょうか。

そもそもどうしてがん保険が必要と言われるのか

こうした保険商品が生まれるということには必ず何かの理由があります。
そしてがん保険が必要とされる背景には、その入院・通院の費用負担が非常に大きいというのが理由の一つになっています。
実際にどれくらいの費用がかかるのかということについてはそれぞれのがんの進行度合いにもよりますが、一般的にがんの治療費は非常に高額であるとされています。
胃がんの場合は29万円ほど、肺がんの場合は23万円ほどかがかかります。
最も高額になりやすい直腸がんの場合は34万円ほどがかかりますから、こうした費用を賄うのであれば相応の貯蓄が必要となるでしょう。
加えて入院中は一部を除いて仕事もできなくなるわけですから、収入の減少と多額の支出が同時に来るのです。
そうした治療費の負担というところで、がん保険は大きな意味がありますから、必要とされるのです。

将来への不安

現代では少子高齢化が続いており、将来の社会では現在よりもさらに高齢者の多い社会になることが予想されています。
そして医療保険制度などのさまざまな公的制度は、現役世代と呼ばれる人が働くことで得られる税収に依存をしています。
高齢者が増えれば税収が減るのは必至であり、その中で現在のような医療保険制度が続くかどうかには強い不安が持たれています。
ある日いきなり医療保険制度が無くなることはありませんが、未来にも医療保険制度が続いている保障はどこにもありません。
全額負担による治療となれば治療費も莫大な物となりますから、民間企業によるがん保険は意味があると考えることができるでしょう。

結局必要なのか、不要なのか

ここまでに述べてきたことに納得し、その必要性があると判断する人であればがん保険が不要になることはありません。
ただその反面、特定の人にとっては不要なのも事実です。
例えばここまでに述べてきたことに納得ができず、自分なりの意見があるというのであればそれはそれで良いことですし、貯蓄が十分にあるという人も保険に頼る必要はありません。
そのため結局は人それぞれですが、必要性を感じる人も決して少なくは無いというのが現代となっているのです。